MENU
Sponsored Link

宅建は難易度の高い試験なのか?その真相は?

宅建の試験は国家試験なので、難易度も高く難しい試験だと、世間一般では見られています。

 

実際にはどうなのでしょうか?

 

まずは過去十年間の合格率を見てみましょう。

 

 

受験者数

合格者数

合格率

合格ライン

平成19年

209,684

36,203

17.3%

35点

平成20年

209,415

33,946

16.2%

33点

平成21年

195,515

34,918

17.9%

33点

平成22年

186,542

28,311

15.2%

36点

平成23年

188,572

30,391

16.1%

36点

平成24年

191,169

32,000

16.7%

33点

平成25年

186,304

28,470

15.3%

33点

平成26年

192,029

33,670

17.5%

32点

平成27年

194,926

30,028

15.4%

31点

平成28年

198,463

30,589

15.4%

35点

 

過去10年間を平均すると、合格率は16.3%ですね。

 

宅建の試験の合格ラインは上位から数えて15〜17%前後が合格するように調整されています。

 

つまり合格ラインが低い年は難しかった年、合格ラインが高い年は易しかった年になります。

 

この平均して16.3%というのを見て、「やっぱりむずかしそう、無理だな…」って思いましたか?

 

受験者数は毎年20万人ほどですが、もしこの受験者が全員本気で勉強して、本気で合格を狙っているのなら、合格率16.3%のこの宅建の試験は相当難しい試験です。

 

でも20万人のうち実際に本気で受験している人は、果たして何%なのか…

 

ここがポイントですよね。

 

不動産会社に就職して、会社から受験しなさいといわれて、宅建のテキストをパラパラと見ただけで、とりあえず受験しに来た「仕方なし組

 

この「仕方なし組」ってかなりの割合でいると思うんですよ。

 

私が思うに約半数の受験者はそうじゃないかと…

 

要するに本気で勉強していない人達ですよね。

 

 

仮に「仕方なし組」が受験者の半数だとすると、真の合格率(本気受験者の合格率)は約32.6%になりますよね。

 

 

なぜ、こんな仮説をたてるかというとですね、実際に私が働いている不動産会社や、同業の関係者を総合して見ていると、本気で勉強した人の合格率が100%だからなんです。

 

ほんとなんですよ。

 

私の周りで、本気で勉強した人は、みんな合格しています。

 

本気で勉強すれば、必ず受かるのが宅建の試験

 

これが私の信念です。

 

 

もちろん、私の周りでも不合格者はいます。

 

でもその人達の様子を見ていると、残念なことに本気で勉強していませんでした。

 

「いやぁ〜昨日はちょっと飲みに行っちゃったからできなかったよ」

 

「今度の日曜日は遊びに行く予定だからできないなぁ〜」

 

こんな言葉のオンパレードでした。

 

そりゃ落ちるわ

 

長い人生の中で、この半年の間だけ、本気で勉強する

 

それだけであなたは宅地建物取引士の資格を手にすることができます。

 

Sponsored Link

士業になって難化したって本当なの?

平成27年から「宅地建物取引士」と名称が変わって、晴れて士業となりました。

士業になってから第一回目の試験が昨年の宅地建物取引士資格試験になります。

その結果は・・・

見事に難易度が上がりました。

昨年の試験の特徴

個数問題が増えた
宅建の試験は、基本的に4択なのですが、ちょっとひねった4択になっているのが個数問題です。

「次の記述のうち、正しいものはいくつあるか?」
「次の記述のうち、誤っているものはいくつあるか?」

という問題ですね。

この個数問題、私はすごく苦手でした。
きちんと内容を理解していないと、正解しないんですよね。

その個数問題の数が一昨年に比べて2問増えて、8問になりました。
増えただけでなく、より細かな知識を問われる内容となっていました。

過去にない新しい傾向の問題や新しい形式の問題が多かった
特に新鮮だったのが、会話形式の出題ですね。

より実務的な内容を問われているので、すでに不動産の仕事をしている人は、取り組みやすかったかもしれませんが、実務経験のない人には、ちょっとハードルが高かったかなと思います。

今まで取りやすかった「宅建業法」の問題が難しかった
宅建の合格を目指す時に「取りやすいところで確実に点数を取る」が鉄則です。

「宅建業法」は、宅建初心者の方でも比較的取り組みやすくて、点数を取れるところだったのですが、その問題が例年以上に難化していました。

昨年の試験のまとめ

総合的に考えると、やはり「士業」になった影響が顕著に現れています。

今後も難化傾向になると思われる「宅地建物取引士」の試験は、今まで以上に真剣に取り組まないと合格を手にすることができない試験になりました。

Sponsored Link

合格のための最大の秘訣は?

合格のための最大の秘訣は何でしょうか?

 

それは勉強を習慣化させることです。

 

勉強する癖をつけることはとても大切です。

 

最初はやっぱり慣れないですよね。

 

でも毎日の歯磨きのように、勉強しないと落ち着かないというところまで勉強する癖をつけましょう。

 

習慣化できるかどうかの分かれ目は最初の1ヶ月です。

 

最初の1ヶ月はとにかく毎日勉強してください。

 

1ヶ月続けることができれば、その後はぐんと楽になりますよ。

 

1ヶ月続けられなかったら…今年の受験は諦めてください。

 

そのままズルズル勉強をやったり、やらなかったりは、ハッキリ言って時間の無駄です。

 

1ヶ月なんとか続けられた方は、もうすでに上昇気流にのっていますよ。

 

そのまま合格というゴールラインを目指して駆け抜けてください。

 

自己紹介

改めてまして…
はじめまして。 琴音と申します。

 

私は2008年に宅建の試験を受けて、無事に一発合格することができました。

 

当時私は44歳。

 

不動産会社で週5日のパートの仕事をしながら、勉強しました。

 

家族は旦那さんと小学生(当時)の娘2人です。

 

それまで、法律の勉強をしたことはありませんでした。

 

一念発起して、受験をすると決めてから約半年間、本当に頑張りました。

 

その時の体験をもとに、このサイトを作っています。

 

1年に一度しか受けることができない宅建の試験ですが、今年初挑戦の方、また今年こそはがんばろうと思っている方々を全力で応援します。

 

Sponsored Link

このページの先頭へ