MENU
Sponsored Link

私が実践した格安コース

私が宅建の試験を受けたのは、2008年です。

 

当時はパートで働く主婦でした。

 

一念発起して宅建の試験にチャレンジすることにしましたが、資金的な余裕がなかったので、最低限の教材で始めることにしました。

 

まず本屋さんに行って、たくさんある宅建の本をいろいろと読み比べて、一冊の本を選びました。

 

私が選んだ市販の宅建本テキスト

 

熟考を重ねた結果、私が選んだのは「らくらく宅建塾」というテキストです。

 

中はイラストが多くて、初心者でも比較的読みやすい構成になっています。

 

とにかく法律的な勉強をするのは、初めてだったので、自分がいちばん読みやすそうと思った本を選びました。

 

2017年版 らくらく宅建塾

 

 

 

オススメの無料教材、コレがあったから合格できた。

 

さすがに本1冊だけでは、不安だったのでインターネットで色々と検索しました。

 

そして運命の出会いがありました。

 

宅建講師歴29年の小口忍さんが運営されているサイト

 

宅建の迷物めいぶつ図書館

 

こちらの無料教材に大変お世話になりました。

 

無料教材を全部プリントして、自分なりにアレンジしたテキストを作りました。

 

市販の本は、基本的なさわりの部分だけしか書かれていないので、それだけでは足りません。

 

でも他の本を何冊か購入しようと思っても、どの本を選んだらいいのかよくわからないし…

 

それに比べて、このサイトの無料教材は、プリントする紙代とインク代だけで済むので、かなり費用を抑えることができました。

 

勉強しながら、気がついたことや補足をどんどん教材の余白にメモしていくと、あなただけのオリジナルテキストが出来上がりますよ。

 

Sponsored Link

関連ページ

サポート付き教材コース
宅地建物取引士になるための勉強法【宅建試験合格のためのオススメ教材】サポート付きの安心コース
お金はあるよ!豪華スクールコース
宅地建物取引士になるための勉強法【宅建試験合格のためのオススメ教材】老舗スクールで学んでみる
このページの先頭へ